ブログ

【知覚過敏の主な原因とは】

 

こんにちは🌞ホワイトニングショップです💓

 

本日は知覚過敏の主な原因について

お話し致します🦷✨✨

冷たいものや熱いもの、甘いものを食べた時に歯がキーンと痛んだりしたことはございませんか?

 

知覚過敏の痛みは、時に酷く痛む時があります。そして、飲食などの日常生活に影響を及ぼします😭

 

健康な歯の場合、エナメル質と呼ばれる穴の開いた組織は、歯茎と歯の外側の層であるエナメル質に守られています。しかし、歯茎が後退したり歯が砕けたり削られたり、浸食されたりするとエナメル質が徐々に露出します。

象牙質に小管という顕微鏡でしか見えない小さい穴があり、神経までつながっています。

この神経が飲食物で刺激されると、痛みを引き起こします。

 

 

【主な原因】

✔️ブラッシングが強すぎる

歯磨きが強すぎたり、歯ブラシの毛が硬い場合、歯茎が徐々に後退する原因になります。

 

✔️酸性の食物を摂取する

習慣的に酸性の飲食物を摂取することとは、エナメル質の浸食の原因となり、知覚過敏になる可能性が増すでしょう。

 

敏感なお口のために、また、知覚過敏とエナメル質の喪失を抑えるために、柔らかい毛の歯ブラシや刺激の少ない歯磨き粉の使用などをして下さい。

また、酷く痛むのであればかかりつけの

歯医者さんなどにご相談下さい🦷

 

 

ページトップへ