ブログ

【着色のつきやすい物】

こんにちは🌞

ホワイトニングショップです💗

日頃から着色が多い食べ物を好んで食べていると歯の黄ばみも強くなってしまいます。

着色料が強い食べ物はどのようなものがあるでしょうか。

①色の濃い調味料や食材

 

カレー、味噌、醤油、ソース、

ケチャップやトマトソースなど

 

色の強い調味料を使った食事は特に黄ばみが強くなります。

調味料は塩を選んだり、パスタなどはホワイトソース系やペペロンチーノなど、

色の薄いものを選ぶようにします。

また調味料だけでなく緑黄色野菜やチョコレートなどそのものの色が

濃い食材にも注意が必要です。

 

②色の濃い飲み物

 

お茶やコーヒー、ココア、赤ワインなど

 

色の濃い飲み物も歯への着色へと繋がります。

炭酸飲料やスポーツドリンクは色こそ薄いですが、歯への着色を助長させる作用があります。

そのため食べ合わせや飲み合わせには注意が必要です。

 

③イソフラボンを含む豆腐、豆乳など

豆腐や豆乳などは色が薄いですが実はこれらもホワイトニング後などには

控えるべきです。

ポリフェノールは赤ワインにも含まれる、歯に着色を起こしやすいものですが

大豆製品に含まれるイソフラボンも実はポリフェノールの一種。

そのため黄ばみに繋がります。

 

④酸性度の高いもの

 

レモン、わさび、からし、酢、マスターズ、香辛料を含むもの

 

歯への刺激が強すぎる食べ物も実は歯の色にも影響します。

 

⑤ヨーグルト、ヨーグルトドリンク等

色は白ですが、乳酸菌なので酸性度が高いです。

 

このように日頃から食べている食べ物には着色が強い食べ物や飲み物が

たくさんあります。

毎日の積み重ねなので黄ばみを一気に落とすのは難しいですが普段から気をつけて

食事をとる前に水を一杯飲むなど、多少ではありますが着色しにくくなります。

歯の表面が乾燥していると着色しやすくなるので水で湿らせることで緩和するというわけです。

 

日頃から気をつけて食事をとると白い歯をキープすることができます。

 

当店のホワイトニングは特に食事制限などはないので、

ホワイトニングに興味がある方は是非お問い合わせください^^

 

ページトップへ