ブログ

【親知らずの由来とは】

こんにちは✨💝

ホワイトニングショップです♪

 

親知らずって、どうして親知らずって言うの??」

親知らずは歯科的には第三大臼歯と呼びますが、

この第三大臼歯が生えるのは

20~25歳頃😄

 

一方、昔の日本人は寿命が短かった、なんて言われていますね。

 

たとえば江戸時代は平均寿命が32~44歳だった、と言われているようです

(正確な統計は明治時代以降でないと存在しない)。

 

織田信長が有名な謡曲「敦盛」の一節で

人間50年下天のうちをくらぶれば夢幻の如くなり」

とうたっていることからも寿命がうかがえます。

 

※ちょっと脱線しますが、実際には江戸時代において皆32~44歳くらいで亡くなった、

というわけではないそうです。

昔の日本(世界的にもですが)乳幼児死亡率が非常に高かったため、

平均の数字が引きずられただけのようです。

実際には50歳過ぎ、中には60歳とか70歳くらいまで生きている人もそれなりには

いたようです。

 

そして

「昔はこの20~25歳になる頃には、生みの親が亡くなっていることが多い」

ということから、

親知らず

という名称がついたのだそうです👍

 

あとは余談ですが、智歯という言葉があります。

英語では”wisdom tooth“といいます。

 

1人前の分別ができる年ごろに生える歯

ということでついた名称だそうです。

親知らずは中途半端な生え方をするとやっかいですが、

まっすぐ生えてきて歯肉からしっかり露出し、しかも一度も歯肉が腫れないのであれば

残す価値は十分あります。

 

ページトップへ