ブログ

【ホワイトスポットの原因とは?】

おはようございます☀️

ホワイトニングショップです🦷🤍

歯に出来た白い斑点模様、特に目立つわけでは無いけれど、一度気になったら鏡を見る度に思い出してしまう見た目のコンプレックスにもなります。

この白い斑点は何なのでしょうか?

この斑点のことは「ホワイトスポット」と言われるもので、出来る原因は2つ考えられます。

1つ目は「初期虫歯」です。

むし歯といえば黒い穴のようなものを想像しますが、実はその始まりが白い斑点である場合があります。

歯の表面からミネラル分が溶けだす「脱灰(だっかい)」という状態になると、歯は光沢を失って白くにごり始めます。

これが初期のむし歯になり、徐々に穴が空いて黒くなっていきます。

しかし脱灰を起こしたからといって必ずむし歯が進行するわけではありません。

脱灰は再石灰化という歯の自浄作用のようなもので、むし歯の進行を抑制する働きの一部分でもあります。

2つ目の原因は「エナメル質形成不全症」と言われるものです。

これは主に遺伝や生まれつきの病気・幼少期に発熱や栄養障害によって歯の表面の「エナメル質」が正常に形成されない病気のために出来るもので、白い斑点(ホワイトスポット)もしくは茶色の斑点(ブラウンスポット)と呼ばれたりします。

エナメル質形成不全の場合、初期のむし歯と違って、再石灰化による治癒は期待出来ません。

そのため、エナメル質形成不全によるホワイトスポットで悩まれておられる方は、長期間その悩みを抱えておられる方も少なくありません。

 

当店のホワイトニングでホワイトスポットを目立ちにくくしませんか?^^

ページトップへ