ブログ

【親知らずは抜かなきゃだめ?】

前歯から数えて8番目の永久歯である親知らず は、12歳ごろに生えるほかの永久歯と違い、 多 くの場合は20歳前後で生えはじめるそうです。

 

歯茎に 十分なスペースがないと、 横向きや斜めに生え たり、大部分が歯茎に埋まったままになったり するのが特徴です。 その状態を放置すると、むし 歯や歯並びの悪化につながるため、 基本的には 問題が顕在化する前に親知らずは抜歯します。

しかし、上下の親知らずがまっすぐに生え、噛 み合わせに問題がなければ、わざわざ抜歯する 必要はありません。 親知らずの抜歯には大量出 血や神経麻痺を起こすリスクが伴うので、 親知 らずを抜くかどうかの判断は、状態を見て慎重 に歯科医師と相談していくべきでしょう。

ページトップへ