ブログ

【甘い物の罠】

1日1度は甘いものが食べたくなる、もしくは、 女子会や友 達とのお茶うけに 「甘いもの」 という人も多いと思いま す。実はこれが 「砂糖依存症」の症状のひとつであり、知 らないうちに砂糖を摂り過ぎてしまって、 止められなくな っている「症状」 かもしれません。 虫歯の原因以外に も、砂糖を摂り過ぎたらどうなるのかということを広く知 っていただきたいです

では、どうして 「砂糖依存症」になるのでしょうか? この 現象自体は危険なものではありません しかし、 人に癒 しを与えるドラッグのような性質を砂糖は持っています

身体が疲れたときやストレスを感じる度に甘いもの を・・ この快感がクセになり、 やがて中毒のように 『砂糖を摂る こと=幸せな気持ちになる』 と無意識に脳にインプットさ れてしまいます

■さまざまな食品に代用甘味料が使われています 食品に甘味を添加するために使用される果糖ぶどう糖液糖 はトウモロコシを原料としており原料が天然なものなので 安全に思えますがその原料となっているトウモロコシが遺 伝子組み換え作物である可能性が高く、 懸念される病気と して生活習慣病、 ガン、 腫瘍、 アレルギー、 不妊症などが

挙げられます この甘味料は低温でより甘さを感じやすいことから、清涼 飲料水やドレッシング、 焼肉のタレ、 乳酸菌飲料、 ヨーグ ルトなどで幅広く使われています💦

砂糖を摂りすぎるとどうなる? 歯科には関係ないように思われがちですが、せっかく摂っ たビタミンやカルシウムが、 ほとんど砂糖の消化に使われ てしまい、歯ぐきや骨など本来必要な場所に不足してしま い、歯肉の腫れや出血など様々な症状を起こしやすくなり ます。 歯や歯ぐきを弱くしてしまいます💫

日常の食生活の中の砂糖の摂取量を意識し、 虫歯予防していきましょう🧡

ページトップへ