ブログ

【歯の移植について】

こんにちは😌💕

ホワイトニングショップです♪

 

親知らずを抜いた経験のある方、とても綺麗な状態だったら

なんだか勿体無いなと思ったことはありますか?😌

そんなこと考えもしないわ、という方の方が多いかもしれませんね🌷

 

抜いた歯が虫歯にもなっていなかったら、歯を無くした時に使えないのかな?

と思ったことならあるかもしれません😔

 

入れ歯、ブリッジ、インプラント・・・

歯を失った時にその空間を補い機能を回復する方法がいくつかあります!😎

でもこれらはどれも人口的なもの。プラスティックや、金属など、

比較的お口の様々な環境に耐えうる丈夫で安い素材が使われています!

それでも初めは違和感があったり

いつまで経っても慣れなくて悩んでる方も少なくありません。

実は、それよりももっと良い方法が可能なケース隠れていることがあるんです。

それはみなさんのお口の中にヒントがあります!!

 

なんと親知らずなど、今存在している歯をその空間に移すという処置があるんです!

その治療を移植とよんでいます。

何より自分の歯で噛むということが可能なのですから

もしもこの治療ができるならとてもハッピーなことです♪

合わない人工のものをお口の中に合わせていく作業を繰り返す手間や費用

時間をかけなくて済みますし、拒否反応のようなものも大変少ないのです。

 

あいにく、その治療のケースはそんなに多いわけではないのですが、

もしも奥歯を抜くことがあって、

まだ親知らずが元気だったら可能になることがあります!!

その時には、移植先の歯を抜いて、

親知らずも抜いて移動させるので傷は二箇所ができることになります。

 

周辺の組織が死んでしまう前に、

丁寧に安全になおかつなるべく早く移植させる必要があります。

 

傷口を糸で縫合して移植した歯を固定するようにして、傷の回復を待ちます。

移植先でしっかりと骨と統合しれば、ほとんどの場合、

周りの組織と一体化して、噛むことが普通にできるようになります。😍

 

しかし形態を考えてもわかるように、まさか親知らずを前歯に持ってくるわけにも

いかないですし、移植の場合には適した場所であることが前提です。

 

さらに、植え替える空間がきちんと確保されている必要もありますし

植え替えた先できちんと固定されるかどうか

骨や周辺の組織の経過を見なくてはなりません。

 

※治療には保険が適用される場合もあります。

 

もしも歯を抜かなくてはいけない、という時が来たら

ちょっとだけ思い出してみてください♪

もしかしたらあなたのお口の中に宝が残されてるかもしれません。

その時のためにも、どうせ抜くからといって親知らずなんか丁寧に磨いたことがない

なんてことがないように、大切にしておいてくださいね♪

いざというとき、あなたを救ってくれるかもしれません^^

 

ページトップへ