ブログ

【お口の中の健康】

こんにちは✨😋

ホワイトニングショップです❤️‍🔥❤️‍🔥

 

 

タバコがお口に与える影響はヤニ汚れくらいだと思っている方が多いのですが

実はその他にも、

お口の見た目を悪くしたり、お口の健康を害してしまうことをご存知ですか?

 

タバコを吸って最初に通過するところはもちろん口の中です。

 

タバコからの影響は、

最初の関門であるお口の中に一番影響を及ぼしていることがわかっています。

 

タバコには4000種類もの化学物質、200種以上の有害物質、70種類の発がん物質が含まれています。

喫煙が習慣化していると、この様な物質が毎日何度も口の中に触れることになるので

お口の中に影響がいくのは当然のことと言えるかもしれません。

 

喫煙がお口に与える影響として具体的に以下の6つが挙げられます。

 

1、歯周病の発症・悪化

喫煙は歯周病の危険度を一気に高めます。

そしてその歯周病とは、悪化すると歯を失ってしまう恐ろしい病気です、、。

 

喫煙をすることで血流が悪くなり、歯茎の細菌に対する抵抗力が落ちてしまいます。

また、タバコから出てくる一酸化炭素で歯茎が酸素不足の状態になると

歯周病菌が活発に活動する様になり、歯周病がどんどん進行していくことになります。

 

また、喫煙はお口の中の唾液の分泌を抑えてしまうため、

歯に歯垢が溜まりやすくなってしまいます。

さらに、歯にこびりついたベタベタとしたタバコのヤニには歯垢や歯石がつきやすく

歯周病が悪化しやすい環境になってしまうのです。

 

そして、喫煙をしていると歯茎の出血や腫れなどの歯周病特有の症状が現れにくく

気づくのが遅れてしまいます。

さらには、傷の治りも悪くなるので治療をしても効果が現れにくなってしまいます。

 

2、歯にヤニがつく

歯の表面にヤニがつくと、ベッタリとこびりついてしまうので

歯ブラシでは落としにくく、茶色っぽい着色がついて見た目も悪くなります。

 

3、歯茎や唇が黒ずむ

喫煙により歯茎の血流が悪くなりますので、歯茎がどす黒く変色します。

また、歯周病も悪化しやすくなるので

その影響によっても歯茎の色は悪くなります。

 

また、喫煙をすることによってビタミンCが破壊されてしまい、

それによってメラニン色素が増えるので、徐々に歯茎や唇が黒ずんでいくのです。

 

 

4、口腔がんのリスクがある

喫煙者は、口腔がんのリスクが非喫煙者に比べて3倍高いことがわかっています。

咽頭がんの場合だと、なんと32,5倍も高くなる研究結果も出ているんだそうです。

 

 

5、口臭がきつくなる

喫煙者はタバコ特有の臭いに加え、歯周病の悪臭が加わる様になり

歯磨きをしても消えない様な強い口臭を発してしまう様になります。

これにより、周囲とのコミュニケーションに問題が出てしまうこともあります。

 

6、傷が治りづらくなる

タバコを吸っていると、口の中の傷の治りが悪くなります。

抜歯が必要な際に処置をして、歯を抜いた部分の骨が剥き出しになって強い痛みを伴う

ドライソケットという状態になった場合、つらい思いをするリスクが高くなってしまいます。

 

当店はホワイトニング専門店です♪

ホワイトニングのことならぜひ、当店へ💗

 

ページトップへ