ブログ

【歯の着色の原因とは】

 

 

こんにちは🌞

ホワイトニングショップです

 

本日は 歯が黄ばむ 着色してしまう原因ついてお話ししたいと思います

 

歯の着色には様々な原因がございますが、主な原因は

①加齢による黄ばみ

②外部からの着色

の2つです!

1つ目の

①加齢による黄ばみについてはですが、

歯は歳をとるにつれて白色から黄色に変色していきます。

これは、表面を覆っている半透明の白色物質であるエナメル質が、加齢に伴って磨耗し薄くなってしまいます。

その為、内側の象牙質がより透けてみえやすくなってしまいます。

 

2つ目の

②外部からの着色とは

皆様がよく飲まれるコーヒーやお茶などに含まれる色素が歯の表面に沈着することで着色を引き起こします。

 

よく、歯磨き粉のCMなどで耳にする「ステインによる着色」と呼ばれるものがこれに当たります!

ステイン着色の原因になりやすいものは、コーヒー・お茶のほか、赤ワインやチョコレート、ココア、タバコなどが良く知られていますが、バナナや大豆製品など、一見意外なものにもステインの原因になりやすい物質が含まれています。

 

この様に歯の着色は普段の食事や年齢からくる事がほとんどで、普通に生活する中で避けることは難しい事ですよね、、🥺💦

ですから私達ホワイトニングショップは、生活の中にホワイトニングを取り入れて綺麗な歯の色を保つ事をオススメしております 😌🌈

 

 

まだホワイトニングのご経験がない方は、

是非ホワイトニングショップでご体験ください❤️

御来店お待ちしておりますね 🌸

 

 

ページトップへ