ブログ

【寝起きの口臭の対策】

こんにちは💕

ホワイトニングショップ沖縄です🌴

 

突然ですが寝起きの口臭が臭くてお悩みの方いらっしゃいませんか?

寝起きに臭いがひどくなる悪習慣を無意識のうちにしてしまっている方も多くいらっしゃいます!

まずは原因です。

1歯磨きをしない

寝る前の歯磨きをしなかったり磨き残しがあったりすると、中に含まれるたんぱく質が細菌のエサになるため寝起き口臭の原因になります。

2口を開けて寝る

口を開けて寝ると唾液が蒸発してしまうので細菌が増殖する原因になります。
アルコールには利尿作用と発汗作用があるので結果的に唾液の分泌量が減ってしまいます。タバコには口の中を乾燥させる原因になります。

3臭いの強い食事

ニンニクなど臭いの強い食べ物は口臭の原因になります。寝ている間は唾液で口の中を洗い流す働きが減るため悪臭成分が朝まで残りつづけてしまいます。

4ストレスを抱えている

唾液はリラックスをしているときに分泌が促されますがストレスで唾液の分泌量が減るため口臭が強くなります。

対策です。

1寝る前の歯磨きは徹底的に

口の中に食べかすが残ってしまうと寝ている間に細菌が増殖するため、寝る前の歯磨きは特に大切です。ブラッシングに加えて、デンタルフロス等を使って隙間の隅々まで磨きましょう。

2舌苔を磨く

舌苔とは舌の上に体積した苔状の汚れで、中には沢山の細菌が生息しています。柔らかいガーゼや専用のしたクリーナーで丁寧に落とすと口臭を抑えることができます。

3寝る前に水分補給をする

唾液の原料は体内の水分です。体内の水分が少なくなると、唾液の分泌量が減るため、細菌が繁殖しやすくなります。

寝起きは誰でも口臭が気になるものですが、ちょっとの心がけで、確実に臭いを減らすことができるのでまずは簡単なことから始めてみましょう☆

ページトップへ