ブログ

【歯と唾液の関係】

今日は「唾液」についてお話ししていこうと思います。

「唾液」というと日常生活の中では「つば」「よだれ」など口から出たら嫌われ者になってしまい、あまり良いイメージを持ってない方も多いかと思います。

しかし、侮ってはいけません。

 

唾液には知られていない沢山のとても素晴らしい効果があります。

ところでみなさんは1日に唾液がどのくらい分泌されているかご存知ですか??

普段意識もせず口の中に出ている唾液ですが、

通常は1日に1~1.5リットル程出ていると言われています。だいたい大きいペットボトル1本分です。

唾液には大きく分けて6つの機能があります。

①自浄作用

②緩衝作用

③再石灰化作用

④抗菌作用

⑤消化作用

⑥湿潤作用

 

この唾液がもし出なくなってしまったら一体どうなってしまうでしょうか?

①虫歯や歯周病が多くなる

②口臭がひどくなる

③味を感じなくなる

④口の中がいつもピリピリした感じになる

⑤すぐ体調を崩しやすい体になる

⑥ガンや肺炎など怖い病気も・・・

この唾液をしっかり出すための一番の秘訣

「良く噛み・良く話し・よく笑う」ことです。

もう一つ唾液の作用を十分に発揮するために重要なのは、

「鼻呼吸」をすることです。

唾液は様々な体の影響を受けます。

「体の水分量」「緊張度合い」「ストレス」「内服薬」、、、

こまめに水分を取りストレスをなるべくためず、お薬に頼らない生活ができるように心がけると良く唾液が出る健康的な生活ができます。

 

 

ページトップへ