ブログ

【なぜ着色は着くのか】

こんにちは!!

ホワイトニングショップ沖縄です!!

歯の着色はなぜついてしまうのか

どのような事が原因になってくるのでしょうか?

1・着色性食品による変色

カレー・コーラ・コーヒー・紅茶・ワインなどは「着色性食品」と呼ばれとても着色しやすい食品です。

食べたあとなるべく早く口をゆすげば大丈夫ですがこの着色性食品と一緒に取る飲食にもポイントがあります!

 

それは、一緒に炭酸飲料、アルコール、酢、酸が多い野菜やフルーツなどを口にしてしまうことです。

これらは「着色補助食品」と呼ばれており、口にしてしまうと口の中が酸性に傾き、歯の表面を溶かしてしまい色素が内部まで取り込まれ着色してしまいます!

 

着色性食品と補助食品の食べ合わせに注意し食べてしまった場合は忘れずに歯を磨きましょう

2・加齢による変色

 

年齢を重ねるにしたがって、人の歯は自然と黄色く変色していきます。

 

歯の表面は半透明のエナメル質に覆われおりその内部には黄褐色をした象牙質があり

加齢によってそのエナメル質が薄くなり、内部の象牙質の色が見えやすくなって来てしまうのです!

 

3・全身疾患に由来する変色

 

胎児の時期に、母親が服用した抗生物質や過剰に摂取したフッ素などの影響によって歯が変色してしまう事があります!

ページトップへ