ブログ

【認知症は歯周病と関係していた】

こんにちは🔥😃

ホワイトニングショップです💝💝

 

九州大学などの研究チームが

歯周病菌が体内に侵入し、

認知症の原因物質が脳に蓄積して

記憶障害が起きる

仕組みを解明した、

とのニュースがあり

認知症の7割がアルツハイマー病です。

 

アルツハイマー病は

アミロイドベータと呼ばれる異常なたんぱく質が少しずつ、

長年かけて脳に蓄積することで発病や進行に

つながると言われております。

 

歯周病菌やその毒素は歯ブラシなどをするとその場から

血管に入り込み、全身に回ります。

そして

その過程でアミロイドβが体内で作られ、

脳に蓄積することが

解明されてきていました。

 

研究チームはマウスを歯周病菌に感染させて実験したそうです。

すると、

感染したマウスの脳血管の表面ではアミロイドβを脳内に

運ぶ受容体の数が約2倍に増加、

脳細胞へのアミロイドβの蓄積量も10倍に増加。

「歯周病菌が、異常なたんぱく質が脳に蓄積することを

加速させてしまうことが明らかになった。

歯周病の治療や予防で、

認知症の発症や進行を遅らせることができる可能性がある」

とのことですので、

皆さんも歯周病ケアをして認知症予防をしましょう!

 

ホワイトニングのご予約はこちらから🙇‍♀️💕

 

 

 

ページトップへ