ブログ

【歯が黄色くなる4つの原因】

おはようございます🌈

ホワイトニングショップ沖縄です🦷✨

 

歯を磨く時や鏡に写った自分を見て「歯が黄色いなぁ」「毎日磨いているのに、、、」「白い歯にしたいな」と思っている方も多いと思います!!

歯が黄色くなる理由をご紹介します。

 

1.着色・歯石の付着

色の濃ゆい食べ物、飲み物を多く食べる方は色素(ステイン)が付着しやすくなります。

代表的な商品は、コーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶、赤ワイン、コーラ、ココア、カレー、ケチャップなど、合成着色料などを使用した商品、たばこや、葉巻も原因となります。

ブラッシングかうまく出来ずに磨き残しが多くなると、プラークが硬くなり、歯石となります。

歯石の色は初めは白〜黄色ですが、先程のステインなどが付着し始め、徐々に黒へと着色していきます。

 

2.加齢変化

年齢とともに歯は黄色くなります、、、。

生活していくうえで避ける事ができないですが、ホワイトニングによって改善はできます。

 

3.歯の磨きすぎ

間違ったブラッシングを行なっていると、黄色く見えるようになります。

粗い研磨剤か入った歯磨き粉で磨いていると、少しづつエナメル質が削れて薄くなり、黄色い象牙質が透けて歯が黄色くなっていきます。

正しいブラッシングをしましょう!!

 

4.口の乾燥

口が乾燥すると歯に着色が見られるようになります。

これは、唾液による洗浄効果が弱くなるためです。

ページトップへ