ブログ

【セラミックとインプラントの違い】

 

こんにちは🌞

ホワイトニングショップです🦷

本日は【インプラント】と【セラミック】の違いについてお話ししていきます💡
【インプラント】と【セラミック】という言葉は聞いたことがあるけど違いを知らないという方も多いかと思います🦷

◉インプラント

インプラントとは主に、歯を失った時に利用される治療方法のひとつです💡

歯の根元部分にあたる人工歯根(フィクスチャー)、連結部分(アバットメント)、目に見える部分となる人工歯(上部構造)の3つで構成されています。

まず、顎の骨に人工歯根の土台を埋め込みます💡人工歯根は主にチタン製です
チタンは身体のなかにあっても異物として認識されにくく、親和性が高いことからインプラントの歯根部分に使用されます。
また、時間をかけて顎の骨とつながっていく性質もあります☺️

◉セラミック

セラミックとは差し歯です。

歯の治療をしたが歯根だけは残っている場合はセラミックで補えます🦷

近年は、差し歯をセラミックで補うケースが増えています
インプラントが歯を根元から補う治療法であるのに対して、セラミックは歯根を残したまま目に見える歯の上の部分だけを補う治療です

セラミックは、歯の形や歯並び、歯の色を改善することで、見た目を美しくすることが可能です🦷天然歯に限りなく近い自然な見た目が特徴になります
また、変色することはほとんどなく、普通の差し歯と比べて歯の色素沈着の心配がほとんど無いのも特徴です🦷

どうでしたか?☺️

それぞれの違いを踏まえた上で自分に合った治療方法を見つける参考になれば幸いです🫶🏻

ページトップへ