ブログ

【虫歯になりやすい週間】

こんにちは💗✨

ホワイトニングショップ金城です☺️

 

ちゃんと歯磨きをしているのにむし歯になるのはなんで?

何度も再発するのはなんで?と思う方は多いかもしれません。

 

 

 

その反面、最低限の歯磨きしかしていないのに、あまりむし歯になったことがないという方もいます。

実は、むし歯のなりやすさには生活習慣が大きく関係しているといわれています。むし歯になりやすい人の特徴として、大きく3つあるとされています。

 

 

 

 

1食生活が乱れている

 甘い物を食べていると、むし歯になりやすいと思っている方は多いのではないでしょうか?もちろん、甘い物はむし歯菌の栄養となり歯磨きを怠ればむし歯になります。

しかし、原因はそれだけではありません! 例えば、間食が多くダラダラと食事をしていたり、水分補給に甘い飲み物をよく飲むと口腔内は食べ物の成分が残った状態が続き、むし歯になりやすい環境となります。

 

 

 

 

 

 

 

2口呼吸をしている

口呼吸をすると、口の中が乾燥してむし歯のリスクが高まります。

唾液には、殺菌作用や食事で酸性に傾いた状態を中和する作用があるため、

口呼吸で唾液が乾燥または減少するとむし歯になりやすい状態となります。

 

 

 

 

 

 

3その他の生活習慣

 食事や口呼吸以外でも、過度なダイエットやストレス、飲酒、喫煙などで唾液が減少します。上の2つでも述べましたが、唾液が減少するとむし歯になりやすい環境となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、ちゃんと歯磨きをしているのにむし歯になるのは、なぜでしょうか?

歯磨きは、むし歯予防には大切ですが、綺麗に磨けているようで歯ブラシが届きにくい箇所は磨き残してしまっていることが多いです。

むし歯菌は、歯垢のなかにある細菌で、歯と歯の間や奥歯の溝などは磨きにくいため、歯垢が残ってしまいがちです。

 

 

そして、歯垢は歯石へと変化し、歯磨きだけでは取り除けなくなります。

ですので、歯科医院へ定期的に通い磨きにくい箇所などを歯科専用の器具で取り除き、むし歯予防を心掛けることも大切です!

 

ページトップへ